経営者・ビジネスリーダー専門の人材育成「コラボレット」 | 「知ってる」を「できる」に変える!コンサルティング・セミナー

それ本当に、ポジティブ・リフレーミング?

それ本当に、ポジティブ・リフレーミング?

こんにちは、コラボレットの岡崎真です。

ポジティブ・リフレーミングについて、
ご存じの方も、初耳の方もいるでしょう。

ある枠組み(フレーム)でとらえていた物事を、
違う枠組みでとらえなおすことを、心理学で
リフレーミングといいます。

ネガティブな側面にとらわれてしまうと、

どうすれば解決できるだろう?とは考えにくい。
アイデアは浮かばず、モチベーションは下がります。

どんな事にも前向きで積極的(ポジティブ)な
部分がある、と気づけると選択の幅が広がります。

よく見る例として、

コップに水が半分しかない、
コップに水が半分もある、など

あなたも聞いたことがあると思いますし、
お使いになったこともあるでしょう。

コーチングを勉強している方には
馴染みがある方法なので、得意です!
という方もいることでしょう。

けれど、なかには

それ本当に、ポジティブ・リフレーミングぅ~?

という人もいます。
たとえば、

自分にとって都合の悪いことが起こると
自分に都合の良いように解釈する人です。

具体的にいうと、

オマエのミスで、部下が困っているんだろー!
という状態を招いたのに、

「うん、禍(わざわい)を転じて福と為す。
 かえって彼の成長に役立ったとも言えるな~。」

という勘違い上司、とか。

前向きで積極的な部分に光をあてていますが、
ポジティブ・リフレーミングではありません。

現実逃避しているだけ、ですよね。

誰しもこんな罠にはまることがありますが、
どうすれば、よいのでしょう?

前述の例では、

自分だけポジティブになる
ことに、焦点があたっています。

そうではなく、

自他ともにポジティブになる
ことに、焦点をあてるのです。

あなた自身と目の前にいる人の、
長所を、才能を伸ばすことに、
焦点をあてるのです。

簡単な例題をやってみましょうか。

ーーーーーーー

あなたの部下が、明日が締め切りの、
重要なクライアントに提出すべき企画書を
忘れていました。あれほど、言ったのに!
日程変更はできず、残り時間はあとわずか...

ーーーーーーー

あなたなら、どう声をかけるでしょうか?

もちろん「どあほ!」と叱りとばさず、
ポジティブ・リフレーミングします。

試しに、いま呟いてみてください。
答えは無数にあります。

visiting old, learning new.
株式会社コラボレット
岡崎真

追伸:
ポジティブの大切さを、世界的権威の
心理学者がおもしろく解説。

http://mshn.jp/r/?id=0dzwt1236
(NHKスーパープレゼンでお馴染みの、TEDへ)

コメント


認証コード6538

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional